さっと便利に取り出せる、青ネギ/万能ねぎの保存方法

総合評価: 4.035 件のレビュー)

青ネギ/万能ねぎの保存方法

青ネギ保存方法

青ネギ(通称:万能ねぎ)はちょっとした料理のアクセントに重宝するお野菜です。使いたいときに、手間をかけずに取り出せれば、料理の彩りもうんと増します。
そんな青ネギの保存方法はどんなほうほうがベストでしょうか?青ネギは乾燥に弱いため、そのままの状態で保存すると、たとえチルド室に入れておいたとしても数日のうちにしおれてしまいます。ねぎはねぎでも、青ネギは白ネギと違って日持ちもしないので、保存方法は注意が必要です。

数日以内に食べる場合は、調理するタイミングで刻めばいいですが、青ネギを2週間保存させたいときは「冷蔵」、1ヶ月程保存させたいときは「冷凍」で保存します。

冷蔵保存(保存期間:~2週間)

使うのが3日~4日後以降になる場合は、まず刻んで小口切りやみじん切りで薬味ネギを作ります。
薬味ネギの状態で保存することで、うどんやお味噌汁など薬味が必要な時に、さっと取り出して使うことが出来、時間の節約にもなります。

万能ねぎ保存方法葉ネギの保存方法

薬味ネギの様に刻んだ青ネギは、さっと水を切ってからタッパに入れます。この時タッパに湿らしたキッチンペーパーを敷くのがポイント。キッチンペーパーが余分な水分を吸い取ってくれるので、青々とした状態を維持することが出来ます。

冷凍保存(保存期間:2週間~1ヶ月)

どうしても2週間以上保存する必要がある場合は、風味は落ちますが冷凍保存すれば1ヶ月は賞味期限を伸ばすことが出来ます。その場合は、キッチンペーパーは必要ないので、小口切りしたネギをそのままタッパに入れて冷凍室に入れます。
冷凍保存する際のひと手間ですが、冷凍して2時間程経過、タッパを取り出して何度か振ってみましょう。冷凍してしまうと、どうしても塊になってしまうのですが、こうして振っておくと、次回使う時にパラパラした状態で使うことが出来ます。