低速ジューサーで作る「にんじんジュース」

総合評価: 4.035 件のレビュー)

野菜を毎日たっぷり摂りたい!

野菜を毎日たっぷり摂りたい!…そうは思っていても、なかなか理想の食生活を送るのは難しいもの。だからこそ「ジュースで手軽に!」と、自家製野菜ジュースの人気が絶えません。ひとことで「自家製野菜ジュース」と言っても、素材の産地や組み合わせ、ジューサーの機種など、愛飲者のこだわりは様々なようです。

にんじんジュースレシピ

低速ジューサーとは!?

今、家電売り場には優れた機能を備えたジューサーがずらりと並びます。
なかでも話題の「低速ジューサー」は生きた酵素をそのままジュースにできる、活気的なマシン。従来のジューサーは高速回転のカッターで素材を刻むため、発生する摩擦力が熱に弱い酵素を破壊していました。だから、低速回転で野菜をすりつぶし栄養素を壊さない「低速圧縮絞り方式」が注目されているのです。

ベーシックな「にんじんジュース」

にんじんジュース

材料(二人分)

にんじん(600g)…太めなら3本、細めなら5本程度。ヘタを取り細長く切る。
にんじんの下処理方法はこちら
レモン(1/2個)…外側の厚い皮と種を取りのぞく。

にんじんを低速ジューサーで絞るにんじんジュースを低速ジューサーで作る

低速ジューサーにカップをセットしてスイッチON!少しずつにんじんとレモンを入れていくと…鮮やかなジュースと搾りかすが分かれて出てきます!低速回転だから大きな音もなく、丁寧に野菜の栄養素を壊さず絞り出している感じがします。グラスに注ぎ分けるとちょうど2杯分。さらっとなめらかな口当たりで飲みやすいのは、低速回転で空気を含まないからだそう。「低速圧縮絞り方式」のジューサーで、新しい『自家製野菜ジュースライフ』はいかがですか!?

◎使用機種:低速ジューサー(ビタミンサーバー)MJ-L500 Panasonic

写真・文:サゴイシオリ/フードコーディネーター