とうもろこしひげ茶の効用

総合評価: 4.035 件のレビュー)

とうもろこしのひげ茶って?

とうもろこしのひげの部分は、漢方では玉米髭(ぎょくべいしゅ)・玉蜀黍蕊(ぎょくしょくしょずい)と呼ばれ、古くから生薬として使われてきました。また、淡いクリーム色の見た目が絹のようであることから、英語ではコーンシルクと呼ばれます。

トウモロコシのひげ

とうもろこしのひげの部分は、とうもろこし全体からみると「雄しべ」の部分であり、受粉して子孫を残す、重要な役割を果たしています。ひげには、カリウム・食物繊維・鉄分・ビタミンK等の栄養素が豊富に含まれており、これを天日干しして飲む「ひげ茶」には様々な薬効があるとされています。

とうもろこしのひげ茶の効用

むくみ解消

豊富に含むカリウムの効果で、体のむくみをすっきりと解消します。
カリウムは、体内のナトリウム(塩分)と関係の深いミネラルで、相互のバランスを取りながら、血圧や浸透圧など体の調整機能に携わっています。
ナトリウム(塩分)は水分を引き寄せる性質を持つため、塩分取り過ぎ等で体内のナトリウムが過多になると、体に余分な水分が溜まってしまい、むくみが現れてしまいます。

こんな時、とうもろこしのひげ茶を飲むと、カリウムが体内の余分な塩分の排出を促すため、むくみをすっきりと解消してくれます。

血圧降下作用

カリウムによるむくみ解消で、体液の循環が改善されることで、血圧降下にも繋がります。
体がむくんでいると、むくみで圧迫されている血管に血液を循環させるため、心臓により負担がかかる&血圧が高くなります。つまり、体全体のむくみが解消されると心臓の負担が軽くなり、結果として高血圧が改善されるのです。

5040

デトックス

食物繊維が豊富に含まれるため、便秘解消&美容効果も期待できます。
また利尿作用により、余分な水分や毒素が排出されることで、膀胱炎等の泌尿器系や結石にも効果があるようです。高いデトックス効果に加え、カロリーがないため、ダイエットにも良いとされています。

とうもろこしのひげ茶の淹れ方

多くのお茶と同様、急須やポットを使って淹れます。ひげ茶に熱湯を注いで、10~15分置くだけで美味しくいただけます。温かいままはもちろん、冷やしても美味しいですよ。一度に使うひげ茶の量は、小さじ1~2ほどが目安です。適量で試してみてください。