農家さん直伝レシピ「たけのこの天ぷら」

総合評価: 4.035 件のレビュー)

タケノコの旬は4月の中旬

コリコリとした食感、口の中に広がる春の香り。
春の到来を感じるタケノコですが、旬はいつかご存知ですか?タケノコの一番の旬は「4月15日から25日の10日間」とおっしゃるのは、香川県の農家さん、臼杵さん。4月後半から5月にかけ、温度が20度程度が続いていれば長く収穫できるのですが、温度がすっと高くなってしまう年はたけのこの成長も早く、見た目も味もよくなくなってしまうそうです。気候は、雨が適度に乾燥しすぎない状態がタケノコにとってベストだといいます。

たけのこの天ぷら

今回は、タケノコ料理の中でおススメの一つのタケノコの天ぷらの作り方をご紹介したいと思います。このタケノコの天ぷらは、臼杵さんのところの子どもたちが大好きな料理で、お手伝いで作らせると作ったそばから食べてしまうほど。親子で楽しめるタケノコの天ぷら、どのように作るのでしょうか?

天ぷらの前に、まずはタケノコの下準備

まず、タケノコの下ごしらえをしましょう。

  • 外側の皮を2.3枚はがします。
  • 穂先を斜めに切り、中心にも包丁で縦に線をいれます。
  • 鍋にタケノコ、米ぬかを一つかみ、鷹の爪(2.3本)、かぶるくらいの水を入れて火にかけます。
  • 沸騰したら落し蓋をして、弱火で一時間ほど煮ます。(小さいものは20~30分)
  • 固い部分に竹串を刺して、すっと入れば大丈夫です。そのまま、茹で汁の中で冷まします。
  • 先ほど縦に入れた包丁目に親指を入れて皮をむきます。これで茹でたタケノコの完成です。

鷹の爪は、えぐみがでた時にまろやかにしてくれる役割があります。

詳しいたけのこのゆで方はこちら!

タケノコの天ぷらの作り方

1.タケノコを煮込んで下味をつける

タケノコの下処理が終わったら、まずタケノコを煮込んで味をつけます。香川では、煮込んだものを天ぷらにします。

  • 下茹でしたタケノコ
  • 出し汁(香川ではいりこ出汁)2カップ
  • 砂糖 大さじ1.5
  • 醤油 大さじ1.5
  • みりん 大さじ1

各家庭のなじみの味付けで大丈夫ですが、参考に分量を載せておきます。
気持ち甘めがおススメです。
少しタケノコが茶色く色づくくらいで火を止めて大丈夫です。味をしっかりつけたい場合は、そのまま朝まで鍋に入れておいてください。

2.片栗粉をまぶす

味のついたタケノコに片栗粉を軽くまぶします。両面にまぶします。

タケノコに片栗粉を軽くまぶす片栗粉を軽くまぶしたたけのこ

3.衣を作る

衣を作ります。水と小麦粉を同じ体積分用意します(計量カップで水100ccに対して、小麦粉を100ccのメモリの部分まで入れる)

完全に混ぜないように、軽く混ぜます。タネを入れてつけているうちに混ざっていってしまうからです。

5.天ぷらにする

衣を油に垂らして、浮いてくるようになったら大丈夫です。衣をつけたタケノコを入れます。一度沈んで浮き上がってきたら取り出してOKのサインです。油の中に残ってしまった衣はこまめに取り出します。完成です!

天ぷらにしたたけのこたけのこの天ぷら

臼杵さんのところでは、この天ぷらは大人だけでなく子どもにも大人気な料理。
子どもたちに天ぷらを作るお手伝いをしてもらうと、揚げたそばから食べてしまってすぐなくなってしまうそうですよ。これからタケノコが美味しい季節、天ぷらにしてご家族で食べてみてはいかがでしょうか。

関連記事