いちごの栄養侮るなかれ、小さくてもその豊富さはフルーツ随一。

総合評価: 4.035 件のレビュー)

いちごは栄養たくさん!食べ方もいろいろ。

可愛らしい見た目で甘くておいしい“いちご”。そのまま食べるだけでおいしいですし、コンデンスミルクをかけたり、牛乳と合わせて食べたり、デザートに加工して食べたりと、その食べ方はたくさんあります。そんなたくさんの食べ方が楽しめて、おいしい“いちご”は、体にもおいしい栄養がいろいろと含まれています。今回はいちごに含まれる栄養についてご紹介したいと思います。

ビタミンCを手軽に摂りたいなら、いちごを食べるべし

いちごの栄養

いちごにはビタミンCがたくさん含まれています。その量はビタミンCがたくさん含まれているイメージのあるレモンよりも多く、フルーツの中でもトップレベルです。私たちが1日に必要だと言われているビタミンCは、1日に6粒程度のいちごを食べたら必要量が満たされます。ビタミンCには綺麗なお肌や皮膚の生成を助けてくれる作用があると言われていますし、風邪の予防にもビタミンCは積極的に摂ると良いと言われています。美容と健康には、ビタミンCは欠かせません。いちごならサッと水で洗うだけで包丁も使わずに手軽に口に入れることができるので、ビタミンCを手軽に補給したい方にはいちごがオススメです。

ビタミンだけにあらず、栄養が豊富ないちご

いちごには水溶性の食物繊維も含まれています。食物繊維には便秘の解消や腸の環境を整える作用があると言われているので、食物繊維が含まれているいちごは、便秘に悩んでいる方は積極的に摂ると良いそうです。

他には、体内の余分な塩分を排出してくれたり、むくみや高血圧予防もあると言われているカリウムや、アントシアニンと呼ばれるポリフェノールの一種も含まれています。アントシアニンは目の疲労などや活性酸素の除去にも良いそうです。ガムなどで使われていて虫歯の予防効果があると言われているキシリトールも、いちごが持っている栄養素の中で注目すべき点です。他にはビタミンB1、B2、鉄分、カルシウム、マグネシウムと、たくさんの栄養がバランス良くいちごには含まれています。これからいちごがおいしくなる季節になります。いちごをたくさん食べて、美容と健康に役立ててくださいね。