もう失敗しない!桃の上手なむき方/切り方

総合評価: 4.035 件のレビュー)

桃は皮をむくのがムズカシイ?

桃のむき方

ピンク色の濃淡と、かわいらしい丸みに、思わずうっとりしてしまう桃。
そんな魅力的な姿とは裏腹に、“皮をむくのがムズカシイ!とか、“切り方がわからない!”といわれる果物の代表でもあります。今年こそ、桃の皮をきれいにむけるようになって、夏の美味しさをたっぷり味わってみませんか!?まずは「おいしい桃の選び方・食べごろの見分け方」を踏まえて……さあ!桃のむき方をマスターしましょう!

簡単!桃の切り方

もものむき方

01.実を切り分ける

桃の割れ目(果皮表面に縦に伸びる縫合線)を正面にして、真上からゆっくりと包丁を入れます。種の丸みに沿うようにしてカーブさせながら、切り分けます。

——point 
両側の実と真ん中の種……3枚おろしの要領です!

02.皮のむき方

ほどよく熟れているときは、皮のはじをつまみ、ひっぱるようにしてむきます。熟し方が足りないときは、りんごの皮むき同様、桃をまわしながら包丁で皮をむきます。両側の実の皮をむいたら、くし型に切り分けます。

——point 
軸のつけ根を上として、下の方からむくと繊維に沿ってきれいにむけます。

03.種の取り方

種を含む真ん中の部分から両脇の実を切り分けます。軸のつけ根あたりからそっと包丁を入れ、種の丸みに沿うようにカーブさせながら切ります。

04.種の両脇の実の皮をむく

両脇の実はまな板の上にねかせて置き、包丁を横にすべらせるようにして皮をむきます。

桃のむき方をマスターするには慣れが大事

桃の切り方

ほーら、このとおり!両側の大きく切り分けた部分は、とてもきれいなくし形切りに。種を残して、その両脇の実もそれとなくきれいなくし形切りに。

ももの切り方


器に盛りつけて、いただきまーす!

——point
「慣れる」ことも大切なポイントです。夏の間に何度かチャレンジすると、食べごろの見分け方も、皮のむき方も完璧にマスターできますよ!

写真・文:サゴイシオリ/フードコーディネーター

⇒「もっと詳しく知りたい方はこちらから」