みかんの皮は入浴剤?冬はみかん風呂であたたまろう

総合評価: 4.035 件のレビュー)

みかんは栄養たっぷり!

寒くなる季節や、風邪のときに「みかん」を食べるといいと言われますが、どうしてでしょうか。みかんにはいったいどんな栄養素と効果があるのか、着目してみました。

みかんの栄養素

みかんは“ビタミンC”が豊富で、みかん2個で1日分が補充できるといわれています。その“ビタミンC”は風邪の予防や、免疫力をアップする効果があります。その他にも血管中のコレステロールを取り除く“テレビン油”、疲労回復、便秘の解消に効果のある“クエン酸”が含まれています。そして“βクリプトキサンチン”は、みかんのオレンジ色の色素の一種で、ガン予防の効果があると最近注目されています。

みかんの白いスジは食べる派?

みかんの白い筋

みかんを食べる時に、皮をむいて「白い筋」をとりたくなりますが、実はこの白い筋に重要な栄養素が含まれているのをご存じでしょうか。この柑橘類の果皮の内側にある繊維状の部分を「アルベド」と呼びます。このアルベドには食物繊維はもちろんのこと、実の部分に比べて300倍もの“ビタミンP”が含まれています。“ビタミンP”とは、ビタミン様物質と呼ばれるもので、“ヘスペリジン”“ルチン”“エリオシトリン”等の総称です。このうち“ヘスペリジン”はみかん由来のポリフェノールで、みかんの実の部分より、皮、袋、スジの部分に多く含まれています。“ヘスペリジン”は柑橘類に多く含まれ、毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善効果、抗アレルギー作用、発ガン抑制作用があるといわれています。白いスジごと食した方が、栄養をたっぷりとることができるということですね。

みかんの皮~別名「陳皮」で入浴剤づくり

ただ、いくら栄養素が多く含まれていても、みかんの皮でジャムを作ったりも出来ます。それでも皮まではなかなか食べることができないもの。そこで、みかんの皮で入浴剤をつくってはいかがでしょうか。

みかんの皮の利用法

作り方

1.みかんの皮をさっと洗い、陰干しします。
2.カラカラに乾いたら、ネットに入れ、浴槽にいれます。

このみかんの皮を干したものは、「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれ、漢方薬の一種として多く使われているものです。浴槽に入れることで、保温効果に優れ、「冷え」や「リウマチ」にも効果があるといわれています。みかんを美味しく頂いた後は、陳皮入りの入浴剤で「みかん風呂」をつくり、ほかほかに温まりましょう。
香りもよく、一日の終わりのリフレッシュに最適です。

(写真・文:峰 亜美)

⇒「もっと詳しく知りたい方はこちらから」

関連記事