春はすぐそこ!大島農園さんから南信州のお野菜が届きました

総合評価: 4.035 件のレビュー)

三月だというのに雪が散らつく寒い日が続きますが、大島農園さんからの野菜セットを開けると、ほら、春はすぐそこまで来ています。緑、緑、緑!みずみずしい葉物野菜が箱いっぱいに詰まっています。

野菜セット

「すぐに食べる!」がおすすめ

新鮮な野菜が届いたら、ぜひおすすめしたいのが、とにかくすぐに食べること。
葉物野菜のビタミンCは、収穫して常温に置いておくと、一日で50%、2日で89%が失われてしまうそう。チルド便は、鮮度と美味しさを保つだけでなく、大切な栄養価を逃がしません。収穫直後に近い状態で「すぐに食べる!」のがおすすめです。

大島農園さんの南信州野菜セット

葉がどれも元気で、横向きに持っても、姿勢良くピンと立ったまま!感動のみずみずしさです。ひとつひとつの野菜には、美味しい食べ方や鮮度を保つ保存方法、栄養についての豆知識がびっしりと書かれた、小さなお手紙が入っています。手書きの文字とイラストから、大島さんの野菜への愛情が感じられます。

大島さんの野菜セットh2>「赤軸ほうれんそう」でサビつかない

野菜のなかでも目を引いたのは、赤と緑とのコントラストが鮮やかな「赤軸ほうれんそう」。いかにも美容に効きそうな、色気のある赤紫には、ポリフェノールのひとつ「アントシアニン」が含まれていて、体をサビつかせる活性酸素の働きを抑えるそう。
さらに、普通のほうれん草に比べて、アクやエグミが少ないので、水洗いするだけで食べることができます。火を通さずに、ミネラル分をまるごといただきます。

赤軸ホウレンソウ

手作りドレッシングで満足度アップ

ドレッシング作りは、子どものお手伝い。擂り粉木で白ゴマを擂り、新玉ねぎのすりおろし、オリーブオイル、酢、レモン、塩、胡椒と混ぜ合わせます。クルトンの代わりに、焼き玄米をパラパラかけて食感を楽しみます。ドレッシングにひと手間かけると、サラダも立派なごちそう気分ですね。

箱根の山椒の木

木づかいのある食卓

箱根の山椒の木を大胆に使った、男前な擂り粉木です。自然のイボイボがあるので滑りにくく、子どもでもしっかりと持つことができます。ゴマ擂り姿がキマってます。

手作りドレッシング

関連記事