米袋は穴だらけ!?お米の保存で見落としがちなこと

総合評価: 4.035 件のレビュー)

米袋は穴だらけ!?

あまり知られていないのが、お米を買った時に入っている米袋には、たくさんの空気抜けの小さな穴が空いていることです。米袋は、お米を家庭までは便利ですが、保存に不向きです。この空気穴から湿気を含んだ空気が入り、場合によっては虫が発生する原因にもなります。そのため、お米を買ったあと、米袋のまま口を輪ゴムで閉じていても、湿気からお米を守ることはできません。同じように、紙の米袋にも、目には見えないほど小さな穴が全体に空いています。

保存方法によってはお米の美味しさが損なわれてしまうことがあります。お米を美味しく長持ちさせるためには、保存方法に注意が必要です。

お米の保存には「高温・湿気・酸化」が大敵

お米保存

お米を劣化させる三大要素は、高温・湿気・酸化です。高温は意外なところからもやってきます。日当たりが良すぎる場所はもちろんですが、冷蔵庫の側で保存も避けましょう。冷蔵庫の放射熱でもお米は劣化します。湿気の多いキッチンの水周りでの保存もやめましょう。湿気を吸ったお米は、米粒が砕けやすくなります。また、カビが生えてしまったり、虫が発生してしまったりする場合もあるので注意が必要です。そして、なるべく空気に触れないように密閉して保存し、酸化を防ぐことも重要です。

三大劣化要素からお米を守りながら保存するには、冷蔵庫(できれば野菜室)の中で保存するのが最良の方法といえます。冷蔵庫にお米を保存できるスペースがない方は、すぐに食べない分を小分けにして、密閉容器やチャック付きのビニールに詰めて保存するとよいでしょう。そして、風通しがよく、涼しく、暗い場所に置くのが適当です。

精米後のお米は、賞味期限1ヶ月

常温ではなく冷暗所で保存することによって、精米直後の美味しさが長く保たれます。さらに、お米の買い方も注意すれば完璧。お米は野菜という話もある通り、お米は精米後どんどん鮮度が失われていきます。農家さんが玄米で低温貯蔵しているお米は、精米されて私たちの家に届くタイミングが一番美味しい。安いからといって、一度に10kgのお米を通販で買ってしまうのは、美味しさがもったいないと考えちゃいます。購入してから消費するまでの目安は、夏の場合は2週間程度、その他の季節は1カ月程度で食べきることが理想です。一度に必要以上の量を買いすぎないことが、最もお米を美味しく食べる秘訣といえます。鮮度のあるお米で毎日美味しいお米ライフを過ごしたいですね!