余った冷ご飯を使って!カルボナーラリゾット

総合評価: 4.035 件のレビュー)

余ったご飯、なんとかしたい!

ご飯を炊いてしまったあとに、旦那さんや子ども達から「夕飯いらない」の連絡。そして余ったご飯を見てため息・・・。そんな経験ありませんか?最近、冷えたご飯はダイエットにいい、という話が話題になりましたね。敢えて冷ご飯を食べている方も居るかもしれません。しかし、冷えたご飯をもう一度美味しく食べたい!そう思っている方もまだまだ多いはず。定番のお茶漬けもいいですが、たまには変り種の「カルボナーラリゾット」はいかがですか?生クリームを使わないでカルボナーラの味を再現しちゃいます。

作り方カルボナーラリゾット

生クリームの代わりに「牛乳とバター」でコクを

材料

お茶碗2杯分(約300g)
水200cc
白ワイン(日本酒OK)50cc
コンソメ1個
バター10g
ベーコンまたはソーセージなど お好みで
牛乳100cc
卵黄 一個
粉チーズ
塩・胡椒 適量

作り方

お米のレイシぴ

① フライパンにご飯を入れます。

残ったご飯で節約レシピ

② 水と白ワイン、コンソメを入れて中火にかけながらほぐします。

残ったご飯で節約レシピ

③ ベーコンまたはソーセージを入れます。

節約レシピ

④ 火が通ったら牛乳、バター、粉チーズ、塩コショウをいれて味を整えます。

残りものレシピ

⑤ 火を止めて、卵黄を入れてかきまぜて完成です。

おいしい冷ご飯の肝は「水分量」と「時間」

ご紹介した、「冷ご飯を使ったカルボナーラリゾット」ですが、他にも冷ご飯を使ったリメイク冷ご飯、たくさんありますよね。そもそも、元になる「冷ご飯」、みなさんどうやって作っていますか?水分が飛んでしまってパサパサになってしまったり、べちょべちょになってしまったり、なかなか難しいですよね。温かいまま冷蔵庫に入れると電気代が上がってしまうという難点も。大事なのは「水分量」と「時間」です。
まず、ジャーから容器に入れるか、サランラップに包みます。この時、完全に閉じてしまうとべちょべちょになる可能性があります。少しだけ蓋は開けておきます。
人肌くらいまで冷めたら、すぐに蓋をして冷蔵庫か冷凍庫へ。しかし冬場はすぐ冷えますが、夏場はそのままだと傷むのが心配です。保冷材などを周りに置くなどして冷やしてあげると効果的です。いかがでしたか?是非美味しい冷ごはんを使って、「カルボナーラリゾット」を作ってみてくださいね!

残り物ごはんのレシピ